最新情報

2014年9月11日看護師の転職
正看護師になるためには
2014年8月4日看護師の転職
認定看護師になるには所定の教育課程を受ける必要があります
2014年7月11日看護師の転職
派遣看護師の活用メリット
2014年6月25日看護師の転職
小児科で働く看護師の業務内容について
2014年6月15日看護師の転職
潜在看護師の重要性とは

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

正看護師になるためには

正看護師になるためにはまず看護のことについて学ぶ学校に入る必要があります。ここでしっかりと看護について学ぶことでしっかりとした知識を身につけていきます。正看護師の場合には専門学校に入学するときには、高卒以上かそれと同じレベルの学力が必要とされます。したがって高校を中退していた場合にはしっかりと考え直す必要があります。

しかし准看護師から始めようと考えているときには、中学校卒業した後に専門学校にはいることができます。看護師にはこのように准看護師と正看護師があります。実際に仕事をする上では業務に差がないことが多いです。しかし給料の面ではこの二つについては大きな開きがあるのが現状です。

なぜこのように給料に違いがあるのかというと、それは正看護師が国家資格だからです。准看護師は地方自治体の交付資格となっているのでここが大きな違いとなります。看護師は年齢誓願がないので、働き出してから資格取得を目指すことも可能となっています。

タグ

2014年9月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職

認定看護師になるには所定の教育課程を受ける必要があります

医療技術の進歩につれ、より専門的な知識を有する医療従事者が必要とされるようになりました。そのため、日本看護師協会ではより充実した、質の高い看護を行うために認定看護師制度を設けました。認定看護師とは、特定の分野において、高い知識と技術を有する看護師のことを言います。日本看護師協会の認定審査に合格することで認定看護師になることができます。

しかし、認定を受けるためには、所定の教育課程を受け、修了する必要があります。また、認定を受けたい専門分野で3年以上の実務経験が必要であり、看護師としての実務経験が5年以上なければなりません。認定看護師の仕事は、知識と技術を生かした看護の実践はもちろんですが、その他に、看護に関する仕事の指導を行い、またそれに関連するさまざまな相談を受ける仕事も行います。試験は年1回行われ、合格率は90パーセント前後と高い水準になっています。認定看護師になるまでの費用などは助成制度を設けている病院などもあります。

タグ

2014年8月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職

派遣看護師の活用メリット

看護師は看護学校増設などの処理と諸統計から充足すると言われてから久しいのですが、超高齢化の波もあり充足どころか不足した状態が慢性化していると言えます。こうした状況の中で、いよいよ看護師にも派遣という方法を提案する会社が現われてきたのです。メリットとしては、医療機関の運営上からいって看護師の人数が決められている訳で、足りないのに無理して勤務を回している場合もあるのです。

しかし、医療監視など絶対に避けて通れない調査が入る前など、数か月前から看護師が不足していることは分かるのです。しかし、いくら募集しても応募してこないということで、管理者は頭を抱えてしまいます。よって、この様な場合に派遣看護師であれば容易に補充することができます。緊急避難的に有難い方法です。デメリットとしては、派遣会社からの看護師を雇うともちろん中間マージンが発生します。よって、派遣看護師を雇う場合の人件費はとても高額なものになります。

しかし、保健所や国の出先機関である厚生局から看護師不足を指摘され、莫大な診療報酬の返還を言い渡されることを思えば、安いものです。このように、派遣看護師のメリットとデメリットを理解しながら上手く使うのが、最も良い方法でしょう。

タグ

2014年7月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職

小児科で働く看護師の業務内容について

看護師に比較的人気のある科とも言われているのが、小児科です。小児科での看護師の業務内容は、医師の補助や、投薬など、様々な物があり、その中でも子供を扱う医療施設となるので、怖がってしまったりする子供をあやしたり、暴れないようにしたりしながら仕事をする事が必要とされます。また、子供が患者となる場合、成人した大人と異なるのは、病状を口頭で上手く伝えられない事ですから、データや子供の表情などから患者の状態把握を行い、報告を行う必要があります。

小児科では、0歳児の患者を診る事もあるので、個人の年齢にあわせて診療を行う事が業務内容のうちに入ります。メンタルケアも大事な仕事となり、大きな医療施設では、入退院を繰り返している子供を励ましたり、ストレスを上手く発散させてあげたりする事も重要な役割となりますし、食事を手伝ったりする事なども業務内容として組み込まれます。子供らしく生活できない事に不満を抱える子供への配慮も必要です。

実際、ただ「子どもが好き」というだけでは勤まらないのが小児科病棟です。小児科の求人を探している方は、自分がどういう看護をしていきたいのかを書き出すなどしてはっきりさせ、面接で簡潔に考えを主張できるようにしておきましょう。業務内容だけでなく、子どもの人生を大きく左右しかねない仕事なんだという自覚も必要です。転職活動や求人探しの際には下記↓も参考にしてくださいね。

看護師の求人ピックアップROOM【小児科希望の転職活動】

タグ

2014年6月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職

潜在看護師の重要性とは

現在の我が国には「潜在看護師」と呼ばれる人々がいます。これは看護師の資格を持っているけれど、結婚・妊娠・出産・育児などの理由で退職し、その後勤めていない方や、或いは体調を崩したり、家庭の事情や職場の人間関係などが原因で離職し、そのままになっている方のことで、全国におよそ55万人いると言われています。この方々が全員復職してくれたら、慢性的な看護業界の人手不足は一気に解消されるでしょうし、素人目線で見れば「せっかく資格を持っているのに勿体ない。」と思えるかもしれませんが、55万人もの方々が二の足を踏んでいるのには理由があるのです。

その理由は日々進化して行く医療業界の目覚ましさにあります。何年も現場を離れていると、その間に医療は格段に進歩しており、また自分自身の看護技術も腕が落ちてしまっているので、「復職したところで、やっていけるだろうか。」と不安になってしまうのです。そこで現場では「潜在看護師復職プログラム」というものを作って、看護協会や各病院で看護師の実践訓練をし直す場を設けているのです。こうして、現役時代の勘を取り戻していただき、復職してもらうのが目的です。

また、最近では潜在看護師専用の求人(復職)支援会社(サイト)も多くあります。そこでは、プロのアドバイザーが条件に合った職場を探し、採用までを無料で徹底的にサポートしています。

タグ

2014年6月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職

特定看護師という資格が検討されています

看護師という職業は医師の指導の下で医療行為を行いますが、それだけでは現在の看護師不足や、今後予想されている医療の高度化や高齢化に対応しきれないとして、より高度な医療行為に携わることが出来る高い能力と実務経験を持つ看護師を特別に認定しようと、日本の厚生労働省で導入が検討されているのが、「特定看護師」です。

そもそものきっかけは、在院(入院)期間の短縮化を推進する国の方針によって、医師の仕事量が激増し、患者さんにより安心で安全な医療を提供するためには、チーム医療において看護師・理学療法士・臨床検査技師などそれぞれのスタッフがより専門性を高めて仕事を分担させるべきだという意見でした。

具体的には、現在の「認定看護師」資格をより専門的にし、主治医の指示の範囲内で自己判断を行うことが出来る、またはチーム医療の場ではチームをまとめてコーディネートを行う役割と責任を今以上に持たせるというイメージで考えられています。しかし、この案に日本医師会は「安全性に対する危惧」を理由に制度の導入反対の声を上げています。

タグ

2014年5月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職

ブランクのある看護師さんの求人状況について

世の中には、さまざまな種類のお仕事が存在している部分があるのですが、中には看護師さんなどの医療関連のお仕事に従事されているような方も数多くいらっしゃるのではないかと思います。こうした国家資格を有する看護師さんなのですが、中には出産や子育てなどの理由で一旦お仕事を退職され、家庭の事情が落ち着いてから再就職をお考えになられるような方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

こうしたブランクがある看護師さんの求人について考えてみますと、それぞれの方のキャリアやご希望にもよってくる部分があるのではないかと思いますが、医療人材関連の人材紹介所などをご利用なさってみますと、再就職関連の情報もご参考になさることができるようになっているようです。オンライン上におきましても関連の情報が掲載されている部分があるようですので、それぞれの方の必要に応じた形で、これらの関連情報をご活用なさってみてはいかがでしょうか。きっとご希望に近い求人情報に出会うこともできるようになってくるのではないかと思います。

タグ

2014年4月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職

常勤で働きたい看護師の仕事

医療の現場を支えることになる看護師ですが、やはり女性に比率がかなり高くなっています。どうしても家庭の事情ができてしまい、常勤での勤務が難しくなったり、時には離職をせざる得ないときもあります。医療機関の側からすると、非常勤での採用を試みたり、さらに新規の募集をしたりと、つねに看護師の欠員の出ないようにしなければなりません。それだけに常勤で勤務してくれるというのはとても頼もしい存在といえます。

もちろん常勤で勤務する、さらには正社員化ができれば、雇用面でも安定しますから、収入も約束ができます。もちろんそれ相応の責任も加わってきますが、それでも安定して、しかも高い収入が確保できる環境でいられるのは理想的な形といえます。看護師の離職率は残念ながら高いものです。それだけに多くの医療機関は、むしろ常勤雇用にすることで、安定した働き方のできるようにしようとする方向になってきています。より長い視点から、働き方を選ぶようにしたいものです。

タグ

2014年3月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職

看護師の日勤のみのお仕事について

日勤のみの看護師のお仕事と言えば、クリニックと呼ばれている病院に多いです。もちろん入院患者をかかえている大きな病院でも、日勤のみで働いている方もたくさんいらっしゃいますが、今回はクリニックについてのお話をしたいと思います。

クリニックというと、大体が午前の部と午後の部に分かれていることが多いです。ですので、お昼の休憩時間が長いのが特徴です。またほとんどのクリニックが、日曜日と祝日がお休みのところが多いです。その他にもう一日休みの曜日があったり、土曜日は午前のみや時間が短かったりと、クリニックによって休みはバラバラです。

ただ、入院患者をかかえている大きな病院に比べると、多少の残業はあるでしょうが勤務時間がある程度決まっていることや、休みの曜日が決まっているので、子育て中の方や主婦の方には比較的働きやすいのではないでしょうか。ただやはり日勤なので、夜勤をしている看護師のかたに比べると給料が劣ってしまうことが難点です。しかし給料面さえあまり気にしなければ、比較的働きやすいのではないでしょうか。

タグ

2014年3月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職

夜勤なしの看護師の求人について

現代においては、景気が良くなってきていますので、求人が増加しています。職業については多種多様に存在していますので、自分自身に合ったものを選択することが重要です。そうすれば、途中で退職せずに長く働き続けることが可能となっています。近年においては、看護師の求人が多いので、就職しやすいのが特徴です。

看護師については、夜勤があることで有名ですが、施設によっては夜勤なしの所もありますので、十分に吟味をした上で応募をすることが求められます。看護師については、特別な資格が必要となる場合が多いので、事前に確認をしておくことが重要です。また、資格をもっていることで、給料の面で優遇される場合が多いです。

夜勤なしの場合だと、給料が比較的低くなる傾向にありますが、その分、肉体的な負担が少なくなることがメリットとなっています。看護師に就職をしますと、多くの人が指導をしてくれますので、不安に感じることがないので安心です。

タグ

2014年3月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職

このページの先頭へ