派遣看護師の活用メリット

看護師は看護学校増設などの処理と諸統計から充足すると言われてから久しいのですが、超高齢化の波もあり充足どころか不足した状態が慢性化していると言えます。こうした状況の中で、いよいよ看護師にも派遣という方法を提案する会社が現われてきたのです。メリットとしては、医療機関の運営上からいって看護師の人数が決められている訳で、足りないのに無理して勤務を回している場合もあるのです。

しかし、医療監視など絶対に避けて通れない調査が入る前など、数か月前から看護師が不足していることは分かるのです。しかし、いくら募集しても応募してこないということで、管理者は頭を抱えてしまいます。よって、この様な場合に派遣看護師であれば容易に補充することができます。緊急避難的に有難い方法です。デメリットとしては、派遣会社からの看護師を雇うともちろん中間マージンが発生します。よって、派遣看護師を雇う場合の人件費はとても高額なものになります。

しかし、保健所や国の出先機関である厚生局から看護師不足を指摘され、莫大な診療報酬の返還を言い渡されることを思えば、安いものです。このように、派遣看護師のメリットとデメリットを理解しながら上手く使うのが、最も良い方法でしょう。

タグ

2014年7月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職

このページの先頭へ