認定看護師になるには所定の教育課程を受ける必要があります

医療技術の進歩につれ、より専門的な知識を有する医療従事者が必要とされるようになりました。そのため、日本看護師協会ではより充実した、質の高い看護を行うために認定看護師制度を設けました。認定看護師とは、特定の分野において、高い知識と技術を有する看護師のことを言います。日本看護師協会の認定審査に合格することで認定看護師になることができます。

しかし、認定を受けるためには、所定の教育課程を受け、修了する必要があります。また、認定を受けたい専門分野で3年以上の実務経験が必要であり、看護師としての実務経験が5年以上なければなりません。認定看護師の仕事は、知識と技術を生かした看護の実践はもちろんですが、その他に、看護に関する仕事の指導を行い、またそれに関連するさまざまな相談を受ける仕事も行います。試験は年1回行われ、合格率は90パーセント前後と高い水準になっています。認定看護師になるまでの費用などは助成制度を設けている病院などもあります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の転職

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ